アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

緊張感の欠落

緊張感恋人として長く付き合っていくと、自然とその緊張感は取れていくものです。
それは悪いことではありませんし、お互いにそれだけフラットに接することが出来ている・・・
という証拠でもあると思います。

全てにおいて緊張感がなくなってしまう場合もありますよね。
それをどう受け取るのかはそれぞれにかかっていくと思うのですが
個人的には良いことだとは思えないのです。

彼と私が一緒に暮らし始めて1年半が過ぎた頃でしょうか。
最初はそれなりの緊張感を持っていましたし、彼が帰ってくると思うだけでドキドキしたりもしていました。
しかし、半年もすれば生活にペースのようなものが生まれ
彼がそこに居る生活」というものが恒常化していきました。
それは同時に緊張感を欠落させてしまったのです。

私たちの場合、その先に待っていたのは倦怠感や「ある程度は許されるだろう」
という甘えた感情でした。
そうした感情が出てしまった私たちは、急に冷めたような関係性になってしまったのです(汗)

このままでは良くないとお互いが思うようになってからは
1晩中、顔をつき合わせて話し合いをしました。
そうして私たちは
「時々外で会う」
「一定の線引きを持つ」
などと小さな決め事をする事で、何とか再び新しい関係を作ることが出来るようになりました。